札幌市北区・石狩市・当別町の不動産売却なら、ハウスドゥ!篠路店へお任せください。

更新情報Info

2023-01-26

住み替えにおける資金計画とは?確認すべきポイントや注意点を解...の画像

住み替えにおける資金計画とは?確認すべきポイントや注意点を解...

理想の住居を求めて、住み替えを検討している方も多いのではないでしょうか。 しかし、綿密な資金計画を立てずに住み替えを進めてしまうことは危険です。 そこで今回は、住み替えで資金計画を建てると...

2023-01-12

不動産売却に伴っておこなう確定申告と必要書類についてご紹介の画像

不動産売却に伴っておこなう確定申告と必要書類についてご紹介

この記事では札幌市北区、石狩市、石狩群当別町で不動産売却を検討している方に向けて「確定申告」の必要性をご紹介していきます。 不動産売却に伴って確定申告は「必ずしも必要なわけではない」のですが...

2022-12-22

隣地と高低差のある土地を売却する際の注意点は?がけ条例の制限...の画像

隣地と高低差のある土地を売却する際の注意点は?がけ条例の制限...

一般的に不動産売却では、高低差のない平地のほうが買い手からの印象も良く、売却しやすい傾向があります。 隣地と高低差のある土地の場合、どのように売却すれば良いのでしょうか。 今回は不動産売却...

2022-12-08

不動産の売却で消費税はかかる?課税対象について解説!の画像

不動産の売却で消費税はかかる?課税対象について解説!

不動産の売却の際には、さまざまな税金が発生しますが、消費税はかかるのでしょうか? 土地の売却は個人でも事業者でも非課税ですが、建物は課税対象となります。 しかし、課税対象となる建物の条件は...

2022-11-24

自己破産にストップ!住宅ローン破綻は任意売却で対処しようの画像

自己破産にストップ!住宅ローン破綻は任意売却で対処しよう

何らかの理由により「住宅ローンの返済ができない」、「自己破産になるの?」とご心配の方もおられるのではないでしょうか。 そこで、自己破産前に知っておきたい任意売却と住宅ローン破綻の関わりや、対...

更新情報をもっと見る

不動産を売るならハウスドゥ!へ

仲介による売却

思っていた金額より高くできて満足です。

仲介を依頼し一般の方に売却

買取による売却

近所に知られず、スムーズに現金化できました。

ハウスドゥ!直接買取ってもらう

ハウス・リースバック

住み慣れた家で変わらず暮らしています。

売却した後もそのまま賃貸で住める

買取保証付き仲介

安心して次の住まいに引越しできました。

仲介を依頼して一定期間で
売れなければハウスドゥ!が買取

ブログ Blog

ブログをもっと見る

取引実績Contracted Property

  • 札幌市北区新琴似3条 戸建の画像 中古一戸建

    札幌市北区新琴似3条 戸建

    北海道札幌市北区新琴似三条

  • 札幌市北区篠路町篠路 土地の画像 売地

    北海道札幌市北区篠路町篠路

  • 石狩市樽川4条 戸建の画像 中古一戸建

    石狩市樽川4条 戸建

    北海道石狩市樽川四条

  • 札幌市東区北丘珠4条 新築戸建の画像 新築一戸建

    札幌市東区北丘珠4条 新築戸建

    北海道札幌市東区北丘珠四条

取引実績をもっと見る

スタッフ紹介Staff

スタッフ紹介をもっと見る

弊社についてCompany

弊社はお客様の物件をより早く、高く売却する事を可能とする4つの強みがあります。 【①地域密着の情報量と全国ネットワークを生かした宣伝力】・元プロ野球選手 古田敦也氏を起用しTV・CM起用、ネット戦略、チラシの折込なども展開いたします。 【②売主様のご希望に沿った販売方法のご提案】・住みながらご売却が出来る『ハウスリースバック』や自社による買取りなども可能です。 【③ハウスドゥ!の安心査定】・査定は一概に高いから良いのではなく、実際にお手元に残る費用が大事です。お客様のご要望をお伺いし多数の情報とご売却実績をもとに査定をいたします。 【④購入希望者のニーズに合わせた多様なプランのご提案】・現状販売プラン・建て替えプラン、リフォームプラン、売土地プランなど多様なご提案を致します。

ハウスドゥ!篠路店の画像

会社名
ハウスドゥ!篠路店
所在地
北海道札幌市北区篠路三条4丁目5-15 
電話番号
011-299-6993
営業時間
9:30~18:00
定休日
毎週水曜日

会社概要ページへ

売却に関するよくある質問Q&A

  • Q 不動産査定は無料ですか?

    査定は無料です。
    今すぐ売却の予定がない方でも参考として査定依頼をしていただければと思います。
    査定した価格を参考にしてご売却の意思を固めることもできますので、お気軽にご相談ください。

  • Q 査定にはどれくらいの時間がかかりますか?

    大きく分けて2種類の査定方法があります。
    机上査定(簡易査定)・・・査定にかかる時間は数時間から1日程度。遅くても翌日には査定結果がわかります。
    訪問査定(詳細査定)・・・訪問査定には1週間程度時間がかかります。

  • Q 住まいが売れるまで、どれくらいの期間がかかりますか?

    平均的には3~4ヵ月で売っている人が多いです。
    ただ、「依頼前のリサーチ期間」「売買契約が成立してから引渡しまでの期間」も含めると、半年前後を想定しておくのが現実的です。スケジュールに余裕を持ってできるだけ早く行動を起こすことが重要です。

  • Q 売却にかかる費用はどんなものがありますか?

    「仲介手数料」や「抵当権抹消費用」「契約印紙代」等がかかります。
    また、売却によって利益が出ると「譲渡所得税」「住民税」がかかります。
    この5つが不動産売却に伴って発生する費用です。

買取に関するよくある質問Q&A

  • Q 買取査定依頼は無料ですか?

    査定は無料です。
    今すぐ売却の予定がない方でも参考として査定依頼をしていただければと思います。
    査定した価格を参考にしてご売却の意思を固めることもできますので、お気軽にご相談ください。

  • Q 買取って頂く際にどんな諸費用がかかりますか?

    契約書に貼付する印紙代(※売却価格によって変動)や抵当権抹消の手続きにかかる費用や、
    登記上の住所が現住所と異なる場合は、数万円程度の登記費用が発生いたします。

  • Q 買取と売却(仲介)の違いはなんですか?

    買取りは不動産会社がお客様から直接物件を買取りますので、購入希望者を探す必要がなく、すぐ現金化できます。
    一方で、仲介とはお客様にかわって不動産会社が販売広告活動を行い、買主を見つけ売却を行いますので、購入希望者を探す期間が必要となるだけでなく、購入希望者からの内見対応なども行う必要があります。

  • Q 売却が決まったあと、すぐに引越しをしなければいけないのでしょうか?

    引き渡しの時期はお客様のご都合に合わせて行わせていただきますので、売却が決まったからといってすぐに引越しの準備に取り掛かる必要はありません。

買取と仲介の違いDifference

  • 1 物件を買う人(買主)が異なる

    仲介の場合は買主は主に個人となりますが、買取の場合は買主は不動産会社となります。
    買主である不動産会社は、不動産の建設やリノベーションなどで付加価値を付けて再度販売をおこなう目的で、物件(土地・マンション等)を購入します。

  • 2 売却スピードが異なる

    仲介の場合は、買主は個人であるため、購入希望者を探さなければなりません。
    また、仲介では買主を探す期間を考慮した時期(通常3ヵ月程度)に契約へ至ることを想定した査定価格をご提案しますが、
    買主である個人の動向、不動産の立地などの条件や状態(破損、汚損など)によっては、3ヶ月以上の期間を要することは決して珍しいことではなく、長い場合で1年以上経過することもあります。

    購入希望者が見つかった場合でも、契約を進めるためには、
    買主との契約条件の認識のすりあわせや引渡し期限などの諸条件の調整が必要となるため、売主のご意向だけでは契約を進めることが難しいのが現状です。
    加えて、契約を締結した後も最終的に売却手続きが完了するまでは、通常2~3ヵ月必要となります。
    そのため「仲介」の場合は、不動産を現金化できるまで、一定の売却手続期間が必要となるのです。

    一方で、買取の場合は、不動産会社が買主となるため購入希望者を探す必要はありません。
    なので、仲介の場合で必要とされる購入希望者を探す期間が発生しないことに加えて、不動産会社が直接売主と調整を行うので売主のご意向に沿った期間で売却手続きが完了できます。

  • 3 売却価格が異なる

    仲介の場合、不動産会社は広告活動を行なって幅広く購入希望者を探すことから、市場の相場価格で契約に至る可能性が高いといえます。
    一方、買取の場合は、購入希望者を探す期間が発生せず、売主のご意向に沿ったスケジュールで契約を進めることができる反面、
    そのリスクを不動産会社が請け負うため、仲介の場合と比較すると売却価格が低くなる傾向がありますが、不動産の条件・状況によっては、市場の相場価格と同等の価格で成約に至るケースもあります。

  • 4 契約不適合責任(瑕疵担保責任)を請け負う人が異なる

    契約不適合責任とは、契約書とは異なる不具合が不動産にあった場合、売主が買主に対して負う責任のことです。
    例えば、雨漏りや設備の故障が見つかった場合に、買主から損害賠償請求を受ける可能性があります。
    2020年4月1日の民法改正によって、不動産を売却する際の責任が「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」へと変更になりました。
    仲介の場合は、契約不適合責任が売主に発生する一方で、買取の場合は免除される条件の契約が一般的です。

まずはご相談ください!

0120713301

営業時間
9:30~18:00
定休日
毎週水曜日

売却の流れFlow

  1. 01
    売却の相談
  2. 02
    物件調査・価格査定
  3. 03
    売却依頼・
    媒介契約の締結
  4. 04
    売却活動と現状報告
  5. 05
    売買契約
  6. 06
    残代金の授受・
    物件引渡し

買取の流れFlow

  1. 01
    売却の相談
  2. 02
    物件調査
  3. 03
    買取金額の査定・決定
  4. 04
    物件引き渡し条件の確認
  5. 05
    売買契約
  6. 06
    残代金の授受・
    引渡し

まずはご相談ください!

0120713301

営業時間
9:30~18:00
定休日
毎週水曜日

売却査定

お問い合わせ